ナレッジ活用による解析業務効率化

ナレッジ活用による解析業務効率化

熟練技術者のナレッジを活用し解析業務を効率化

熟練技術者のナレッジを活用し解析業務を効率化

高齢化が進む中、熟練技術者のナレッジ継承の重要性が高まっています。
ISIDは、設計開発プロセスの評価・検証における解析業務に関するナレッジ活用促進を提案しています。

解析業務の中で発生する様々な情報について、
  「ほしい情報がどこにあるかわからない」
  「情報が多すぎて整理できない」
  「関連する情報を辿れない」
  「活用方法がわからない」
といった課題が多く寄せられます。

この状態では、企業が保有する重要な財産(技術ナレッジ)を継承することはできず、同じような解析業務を繰り返し実施することになり、業務生産性を上げることはできません。

ナレッジの活用は、欲しい情報が「貯まる」「使える」状態になることで実現し、情報を「貯める」仕組みを作ることがナレッジ活用の第1歩となります。

ISIDは、「貯める」「使う」環境を実現し、ナレッジ活用を促進するWebベースのSPDM(Simulation Process and Data Management)システムをを提供しています。
熟練技術者を含む解析者によって蓄積された過去情報や類似データを簡単に活用・流用できることで、解析業務のリードタイム短縮を実現し、煩雑且つ時間がかかっている定型作業を自動化しシステムに組み込むことで、更なる時間の短縮や作業品質のばらつき防止を実現します。

関連のセミナー・イベント

関連リンク

用途

分析・解析 / 評価・検証 / 管理

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ