マルチフィジックスCAEとマルチドメインCAE

マルチフィジックスCAEとマルチドメインCAE

複雑化する現象に対応するシミュレーション技術

現実世界の挙動に近い高精度な材料・部品・製品の挙動を予測

現実の世界では複数の物理現象が同時に発生しており、シミュレーション対象製品の性能、安全性および信頼性をより精度高く評価するには、様々な物理現象の相互の影響を考慮する解析が必要となります。
解析は、流体解析ソフトウェアと構造解析ソフトウェアなど解析対象に応じて必要なCAEソフトウェア(3D CAE)を組み合わせる「マルチフィジックスCAE」を行い、高精度な材料、部品、製品の挙動予測などを行います。

また、1D CAEで機能ベースで検証し仮決定された設計仕様を3D CAEに受け渡し、構造設計、配置設計などを行う「マルチドメインCAE」を行うことで、構想から詳細設計のプロセスを効率化し、全体として高い性能検証を早期に行うことが可能になります。

ISIDは主要なCAEソフトウェアを取り扱い、経験豊富なエンジニアが揃っており、お客様がご利用中のCAEソフトウェアを活用し、「マルチフィジックスCAE」や「マルチドメインCAE」で様々な技術支援を行うことができます。また、複数のCAEソフトウェアを活用した高度な解析自動化環境の構築を行うことが可能です。

関連のセミナー・イベント

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ