AIを活用した解析業務効率化

AIを活用した解析業務効率化

AIとCAEを連携させることで業務を効率化

AIとCAEを連携させることで、CAE業務の効率化を実現する

製造業が抱えるさまざまな問題を解決する糸口として、とりわけ、ものづくり(エンジニアリング)におけるAI活用は、リソース不足、生産性の向上、熟練技術の継承、製品・設備の故障予知など幅広い適用範囲が想定され、期待が高まっています。

ISIDは、2016年からAI専任組織を設け、製造業の設計開発をはじめとする多様な領域において、業務ごとの特性に応じた最適なAIソリューションの開発や適用支援を行ってきました。
これまでに、時系列データを利用した動作予測や予兆検知サービス、深層強化学習で機械制御を最適化していくためのAIモデル構築や因果分析サービス等、100を超えるAIプロジェクトの推進実績を有しています。

設計開発プロセスの評価・検証の領域では、CAE業務プロセスにおけるAI活用として、汎用的設計最適化としてのGenerative Design(自動設計)などをご提案しています。

  • 3D形状生成AI
    過去の設計案をAIに学習させ、CADモデルなしで3D形状のバリエーション生成をします。
  • CAEメッシュチェックAI
    エンジニアの経験に基づく視覚的判断が必要な作業をComputer Vision技術を活用して自動化します。
  • サロゲートモデルを活用した解析計算の高速化
    蓄積されたデータをAIの教師データとして学習しサロゲートモデルを構築することで、解析結果をAIに予測させ、自動車の空力解析など、計算コストが大規模となる解析を実施することなく結果を予測できるようになります。
  •  少ないサンプリングデータ(教師データ)でのモデル生成
  •  AIアルゴリズムを活用した設計要件最適化(パラメータスタディ)

また、ISIDは大規模なクラウドハイブリッドHPCシステムの構築や運用のノウハウ・実績が豊富で、クラウドHPCとAI、シミュレーションと組み合わせて運用するためのシステム構築を行うことが可能です。

製品開発ワークフローにおけるAI活用事例

汎用的設計最適化としてのGenerative Design

CAEメッシュチェックAI

AIアルゴリズムを活用した設計要件最適化

関連のセミナー・イベント

関連リンク

用途

分析・解析 / 評価・検証

パートナー

MSC Software / Altair

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ