市場の多様な要求に応え部品種類を抑えこむ、モジュール化への取り組み

市場の多様な要求に応え部品種類を抑えこむ、モジュール化への取り組み

付加価値を高めトータルコストを削減した製品群を"要求起点"のモジュール化で実現

部品点数、部品種類数削減、または部品共用化率Upによる生産数増加

これまで顧客要求に細かく対応することで維持してきた製品力は、全体で見ると同じ機能部品でも複数の種類の部品が存在することに繋がり、その結果、保守や製造部門でコストが増えるなどの問題が生じることになります。また、コモディティ化が進行した製品では、他社との差別化も難しくなっているのではないでしょうか。

近年、市場ニーズの多様化は製品への要求を高度化・複雑化し、多様なバリエーションの製品を効率的に実現する必要性が高まっています。
部品種類を抑え込むモジュール化への取り組みはより重要性を増し、部品数の最小化によるコスト削減だけではなく、高い付加価値を持ち、魅力ある製品をモジュールの組合せで効率よく実現することが、これからの自社の製品力向上に求められています。

ISIDグループは、要求変化に強いモジュール構成及び製品アーキテクチャを検討する手法を活用し、部品等の「もの」視点ではなく、顧客が実現したい「要求」視点でのモジュール化に向け、論理的根拠に基づきトータルコストが削減された、要求満足かつ競争優位のモジュール化方針(共通化・バリエーション・都度設計などの開発・設計方針)の策定を支援しています。

関連のセミナー・イベント

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ