要求仕様の早期フィージビリティチェック(実現可能性調査)

要求仕様の早期フィージビリティチェック(実現可能性調査)

過去の評価結果を利活用。要求仕様の実現可否・実現のための手段・評価結果を見える化

過去の評価結果は意外と利活用されていない

過去機種の評価結果は、過去機種のものとして扱っていませんか。
もしくは、参考にするにも結局、過去機種の評価担当者に話を聞いて確認をしている。

このような属人的なスタイルでは、毎回新しい製品開発時に、仕様のフィージビリティチェック(実現可能性調査)を効率的に行えません。
それは、製品仕様を達成するための根拠や、エビデンスが管理・共有できていないため、利活用しきれていないことが挙げられます。

本ソリューションは、ユーザ要求から仕様、そしてその仕様を達成するための実現手段と評価結果を体系的に管理・共有できます。
上記のように、過去機種の仕様達成のための実現手段と評価結果が誰でも分かるようになるため、新しい開発における要求仕様の早期フィージビリティチェック(実現可能性検討)を圧倒的に早く行えます。


要求仕様と評価結果・エビデンスの連携

開発の上流工程で、変更点・変化点によるリスクで挙がった実施すべき検証項目を抜け漏れなく抽出します。また、過去製品や派生製品の評価結果・エビデンスを利活用し、評価項目の抽出精度の向上、確立すべき事前検証項目の抽出が実現できます。

要求仕様と評価結果・エビデンスの連携


評価の検討経緯のトレーサビリティを実現する

大量&大容量となりがちな評価の検討経緯(評価結果・エビデンス)は仕様とは別場所で管理しつつ、仕様⇒評価⇒結果の流れが全て追えるようになります。(トレーサビリティ向上)

評価の検討経緯のトレーサビリティを実現する

関連のセミナー・イベント

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ