システム全体像との連携による評価・検証の抜け漏れ・重複の未然防止

システム全体像との連携による評価・検証の抜け漏れ・重複の未然防止

・システムレベルでメカ/エレキ/ソフトの各機能を見える化
・1D CAEにつなげて構想段階で機能を検証

製造技術まで含めた製品の成り立ちと検討経緯の資産化を促進します

仕様を検討する際にユーザ要求を見落とす、検討経緯がなく結果しか残らないためなぜその仕様/構造になったのか根拠が曖昧になることで顧客要求と製品機能・実現手段が不明確な状態を、見える化により解決します。


技術の成り立ちを明らかにし、検討経緯・影響連鎖をわかり易く見える化

製品に求められる要求・機能と、構成する要素(部品)の関係を明らかにし、製品の成り立ち全体を整理し見える化します。複雑に絡み合う要求・機能と要素の関係を一覧確認できるため、背反を把握しやすくなります。また、ベテランの知見を皆で共有する事で、組織としての技術知見の見える化・資産化が可能です。


不具合未然防止の精度向上、効率化を行う

効果としては3つが挙げられます。

気づき漏れの減少

エンジニアの育成

過去知見を徹底的に再利用可能に

本ソリューションは、大手自動車OEMでも活用されています。
セミナーも実施しておりますのでお気軽にお問い合わせ、ご参加ください。


■iQUAVIS活用イメージ②不具合未然防止の精度向上、効率化

MFG_iQUAVIS活用イメージ②不具合未然防止の精度向上、効率化 Video

関連のセミナー・イベント

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ