【診断】業務改革実現のための課題分析(アセスメント)

本質の問題を認識、優先度を決めるのが客観的業務分析です

各種のデータにもとづく現状分析を行い、貴社の真の課題を特定し、解決策・改革実行計画を策定します

ヒアリングなどの定性的なアプローチだけでなく独自手法を活用した定量的な分析を通して、開発業務上の課題を設定します。本施策を適用することで、皆様が日ごろから漠然と感じていた問題を洗い出し、まだ気付いていない深層の問題まで深掘りし、真に解決すべき課題を明らかにします。この分析プロセスを通して、皆様の業務改革への意識を統一し、課題解決に向けたチームビルディングを実現します。

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ