文章AI×FMEA・DRBFMソリューション

文章AI×FMEA・DRBFMソリューション

AIにより要因・対策の自動分類や類似検索を行い、課題抽出・対策立案精度向上

過去知見・過去トラブルのチェック時間を大幅に削減

「過去知見・過去トラブルのチェックに時間がかかりすぎる」、「同じ意味と思うが表現・文言が異なり、判断がしにくい」、というお悩みではないでしょうか。

過去知見や過去トラブルの多くは文章形式でデータベースに格納されていることが多く、情報を必要とする検索者が膨大な社内情報から欲しい情報を得るには、時間と労力、場合によっては経験が必要となります。

本ソリューションは、過去知見・過去トラブルのチェックをAIが代替し、文章を読む・探す・分類するための時間の大幅な削減と抜け漏れのない高精度な検索で、お客様のFMEA・DRBFM業務の効率化に貢献します。

過去の製品不具合に関する文書から似たものを探し出す

よくある困りごととして伺うのは以下です。
・解析・対策検討が特定の人に依存しがち(ベテランじゃないとできない、長年の教育が必要)
・人による判断のばらつきがある
・重大な問題の見逃し、発見の遅れを防止しなければならない
・よりスピーディーに対応したい(できるだけ早く不具合に対応することで損失軽減)

これらは、過去知見・過去トラブルの文章が、意味は同じだが文言が異なるなど、解釈が難しいことが要因と考えています。そこで、AIの「文言が異なるが、意味が類似した文書を同分類とする」技術を活用し、上記を解決できるようにいたしました。

文章AIをFMEAやDRBFMに活用することで課題抽出や対策立案の精度を向上させる

文章AIを活用することにより、大量の過去ノウハウ文章を有効に活用できます。分類・カテゴライズの手間を各段に効率化しながら、人的ミスを防ぎ、精度の高い結果として取得できます。
ベテラン社員でなくても不具合の原因や対策を過去のデータから推定が可能です。

関連リンク

用途

開発・設計

パートナー

日本マイクロソフト株式会社

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ