CAE-ONE

解析業務に関連するデータ管理、ジョブ管理、リソース管理のプロセスを統合して効率化を促進

解析業務を効率化するWebフレームワーク

CAE-ONEは、解析業務の効率化を促進するISIDが開発したWebフレームワークです。
長年の解析ソフトウェアの販売サポートでISIDが理解した多くのユーザーニーズが反映され、業務に役立つ便利な機能が搭載されています。CAE-ONEは、解析業務に関連するデータ管理、ジョブ管理、リソース管理のプロセスを統合し、解析業務の効率と品質の向上に効果をもたらします。

CAE-ONEの特徴と機能、期待される効果

期待される効果

解析関連データを有効活用し、設計品質の向上や製品開発の期間短縮に寄与します。


データ管理

解析業務に必要なデータに属性情報を付与して社内資産として蓄積し、検索や再利用を通じてデータの利活用ができます。


ジョブ管理・解析自動化

計算サーバの負荷や解析ライセンスの空き状況により、解析計算のジョブを自動的に振り分けてリソースを有効利用できます。
また、定型化された計算手順(プリ処理~結果処理)をWebブラウザ上から実行して解析自動化システムとしても活用できます。


周辺システムとの連携

CAE-ONEのユーザーインターフェースの操作を行わずに、外部システムとのデータ連携を可能にするAPIを整備しています。周辺システム連携としてiQUAVISとの連携も可能です。


iQUAVIS連携

詳細はこちらをクリック


製品