金型の設計・製造連携に向けた3D図面定義

金型の設計・製造連携に向けた3D図面定義

図面を廃止し、3Dモデルにより後工程へ設計意図を伝達することで、情報抜け漏れをなくしつつ、CAMなどの加工準備作業を自動化したしくみと連結させます。部門間の手戻りを削減しつつ、後工程作業工数を削減することで金型工場の全体最適を実現します。

図面を廃止し、3Dモデルにより後工程へ設計意図を伝達することで、情報抜け漏れをなくしつつ、CAMなどの加工準備作業を自動化した仕組みと連結させます。
部門間の手戻りを削減しつつ、後工程作業工数を削減することで金型工場の全体最適を実現します。

金型の設計・製造連携に向けた3D図面定義について

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ