補正形状のモデリング効率化

補正形状のモデリング効率化

反り不具合を未然防止することでトライ回数を削減し、金型製作リードタイムを短縮できます。

成形不具合の「反り」対策のため、反りを予測して金型モデルを反対に反らせた形状を容易にモデリングできる環境を構築します。
反り不具合を未然防止することでトライ回数を削減し、金型製作リードタイムを短縮できます。

補正形状のモデリング効率化について

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ