導入実績No.1  IoTプラットホーム ThingWorx

導入実績No.1 IoTプラットホーム ThingWorx

IoTデータの収集、蓄積、活用までをオールインワンでサポートする導入実績No.1のIoT開発プラットフォーム

IoTプラットフォームを短期間で迅速に導入、構築

ThingWorxは、Kepwareと組合せることで様々な産業設備と簡単に接続でき、素早くIoTデータの収集を開始することができます。 業務要件に合致した画面をアジャイルかつフレキシブルに開発し、短期間でのIoTプラットホーム導入を実現します。 AR(Vuforia) を連携させることで、IoTデータと製品をタブレットで表示し、デジタルツインの実現を支援します。

導入実績No.1のIoTプラットホーム

ThingWorxの主な機能としては以下の4つが挙げられます。
【接続】産業設備や他システムと容易に接続
【管理】ThingModel と呼ばれるデータモデルを使い、モノやデータを効率的に管理
【開発】プログラミングレスでIoTシステムを開発
【環境】クラウド/オンプレミスのどちらでも構築可能

【接続】産業設備や他システムと容易に接続

ThingWorxをKepwareと接続することで、工場の産業設備と簡単に接続することができます。
主要な産業設備メーカーのドライバを同梱しているKepwareと併用することで、150種類以上の設備と簡単に接続させることができます。

【管理】ThingModel と呼ばれるデータモデルを使い、モノやデータを効率的に管理

モノ/システム/データ/機能などの全ての要素をThingModelと呼ばれるデータモデルを利用し、統合的に管理し、開発期間を短縮することができます。

【開発】プログラミングレスでIoTシステムを開発

ドラッグ&ドロップで直感的な画面開発を行うことができます。

【環境】クラウド/オンプレミスのどちらでも構築可能

Azure、AWSといったクラウド環境、また、オンプレミス環境でもシステムを構築することができます。

期待される効果

1.製造現場の稼働状況をリアルタイムに見える化し、生産性の向上に寄与

2.機器の異常検知や検査作業を最適化による、製品品質の向上

3.現場での帳票作成や目視によるメンテナンス業務を自動化し、コストを削減

4.アフターサービスにIoTを活用し、製品の保守保全最適化の新たなサービスを創出

導入実績No.1 IoTプラットホーム ThingWorxについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ