「CAE課題マップ」と「CAE技術活用ロードマップ」

「CAE課題マップ」と「CAE技術活用ロードマップ」

開発課題の解決にCAE技術の活用を促進

ISIDはこれまでの経験とノウハウを活かして、必要なCAE課題を整理した「CAE課題マップ」と、それらを解決する工程を記した「CAE技術活用ロードマップ」の作成を通じ、製品開発の課題解決に貢献するCAE技術の有効活用と定着を支援します。

導入前の課題

製品開発目標達成のためにCAE技術活用を実現・定着させたいが、その成果を十分に出せていない、または出す方法が分からない。

導入効果

CAE技術活用を実現・定着させるために必要なCAE課題と、それらの解決の時期や必要な予算・工数などが明確になります。

ソフトウェアの導入や単発の技術支援のみでは十分な効果を出すことが難しいCAE技術による製品性能評価について、その実現の障害となる潜在的な課題を含むすべての課題を抽出し、それらを解決するロードマップを明確化することによって、製品の開発課題の解決に貢献する真のCAE技術活用を実現します。

特長

潜在的な課題を含む幅広い関連課題を漏れなく抽出できる「CAE課題マップ」

「課題マップ」には、弊社知見を活かし課題を網羅的に記したテンプレートを用意

取り組むCAE課題の優先順位の検討に有用な「CAE技術活用ロードマップ」

効率的で柔軟な「CAE技術活用ロードマップ」を作成するための弊社独自のツールを用意

作成した「CAE技術活用ロードマップ」に基づく、課題解決のための中長期的な支援

「CAE課題マップ」

CAE課題マップの例

「CAE課題マップ」とは、CAE技術の活用に向けた解決すべきCAE課題を明確化したマップです。
CAE技術の活用のために解決すべき課題は、大きく分けて以下の5つに分類できると考えています。
・CAE業務を計画する
・CAE技術を作る
・CAE人財を作る
・CAEインフラを作る
・CAE業務を運用する
また、この5つの分類の中には更に複数の課題が存在します。
「CAE課題マップ」は、お客様におけるCAE技術の活用という目標に対して、具体的にどのような課題があるのか、またその課題に対するソリューションとしてはどのようなものが考えられるかという点について明確に示したものとなります。
ISIDはこれまでの経験より作成した独自のテンプレートを用い、複数回のワークショップによって潜在的な課題を含む課題を抜け漏れなく抽出し、それらを整理します。同時に弊社のこれまでの実績・経験と、取り扱う幅広い関連ソリューションを活かして、各課題に対するソリューションを提示します。

「CAE技術活用ロードマップ」

CAE技術活用ロードマップの例

「CAE技術活用ロードマップ」とは、「CAE課題マップ」により整理された課題を解決するためのソリューションを、どの時期に実施していくか示した計画表です。
「CAE技術活用ロードマップ」によって、貴社の目標とするCAE技術活用が実現できる時期や必要な予算、工数などが明確化され、製品開発業務におけるKPIなどの目標達成の手段として適切であるか判断できるようになります。
支援内容としては、弊社独自のツールを用い、「CAE課題マップ」と同様に複数回のワークショップによって貴社の目標に適した「CAE技術活用ロードマップ」を作成します。その中で実現の時期や予算、工数など目標に満たない項目については、代替案の検討を実施します。

「CAE技術活用ロードマップ」に基づく中長期的なご支援

「CAE技術活用ロードマップ」作成後は、ご要望に応じてその進捗状況の確認や計画遂行に関する支援、及び各課題に対するソリューション提案を実施します。また、お客様の製品開発目標の変更や、課題解決に有用な新しいソリューションのリリースなどにより状況が変化した場合は、必要に応じましてロードマップのアップデートをご支援します。

CAE技術活用ロードマップ作成支援提供ステップ

  1. 施策紹介

    CAE技術活用ロードマップ作成支援の内容についてご紹介します。
    同時に関連するソリューションの概要についてご紹介します。
    トライアルに進む場合には、活動の対象(製品、現象、ご担当部署など)を決めていただきます。

  2. トライアル支援

    CAE技術活用を実現したいテーマを決めていただき、その内容に関するヒアリングを実施します。その内容に基づき「CAE課題マップ」及び「CAE技術活用ロードマップ」の簡易版を作成します。

  3. 本支援

    CAE技術活用を実現したいテーマ全体に対して、その内容に関するヒアリングを実施します。必要に応じて、そのテーマを選定することから開始します。その内容に基づき「CAE課題マップ」及び「CAE技術活用ロードマップ」の詳細版を作成します。テーマの内容、ボリュームに応じてこれらの作業を複数回繰り返します。

  4. 計画遂行支援

    作成したロードマップの内容に基づき、進捗状況の確認や計画遂行に関する支援、及び各課題に対するソリューション提案を実施します。また必要に応じてロードマップのアップデートをご支援します。
    弊社ではCAEに関して豊富な経験と幅広いソリューションを有しており、様々なソリューションを提案することが可能です。

CAE技術活用ロードマップ作成支援に関するよくある質問

  1. 支援対象のテーマにはどのようなものがありますか?

    製品開発業務で、CAE技術の有効活用を推進していくにあたり、取り組むべきテーマ(活動方針や施策)のおおよそ全体を対象としております。各種技術領域(構造、振動、熱流体、機構等)の解析技術構築、人材教育、インフラ環境(ハード、ソフト)整備等がテーマの具体例となります。まずはお気軽に貴社テーマについてご相談いただければと思います。(一部の技術領域については、対応が難しい場合がございます点ご了承下さい。)

  2. 費用と期間はどの程度かかりますか?

    導入ステップの1(施策紹介)、2(トライアル)の期間は目安として、テーマに関するお打ち合わせから2週間程度を想定しています。
    導入ステップの3(本支援)、ステップ4(計画遂行支援)につきましては、テーマによって期間が異なります。
    また費用につきましては対象のテーマに応じて異なります。詳しくは担当営業までお問い合わせください。

「CAE課題マップ」と「CAE技術活用ロードマップ」について

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ