開発の上流工程で背反性能まで含めて検討できる性能設計モデルの構築支援

開発の上流工程で背反性能まで含めて検討できる性能設計モデルの構築支援

要件・機能から評価までをつなぎ、性能設計できるモデルの構築を支援します

特長

要求・機能の背反を確認しながら、開発の上流で製品の性能を設計

性能設計の必要性

製品の複数の性能を、背反を含めて設計の上流段階で検討できれば、後段での手戻りを大きく削減できます。
また設計の上流段階で、構成部品の特性を変更した際の製品性能への影響を評価できれば、最適な部品構成について検討することもできます。

性能設計の実現に向けて

性能設計を実現するためには、要求・機能を分解した上で着目領域を明確にし、要求・機能の評価モデルを構築した上で、各変数を振って多くの解析を行う必要があります。

パラメータスタディで作成したデータから応答曲面やAIを作成し、性能設計のためのモデルを構築することで、設計上流段階での性能の目途付けができるようになります。

性能設計のプロセス例

ISIDからのご支援

ISIDからは以下の支援を提供しています。
・評価用モデル構築・パラメータスタディ
・AIや解析ツールを用いた性能設計モデル構築

関連のセミナー・イベント

関連リンク

ソリューション

構想設計・システムズエンジニアリング

用途

開発・設計

開発の上流工程で背反性能まで含めて検討できる性能設計モデルの構築支援について

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ