Simcenter 3D Response Dynamics 振動応答解析

Simcenter 3D Response Dynamics 振動応答解析

様々な振動応答の解析を実現

Simcenter 3D Response Dynamicsは、Simcenter 3Dに搭載されている振動応答解析ツールです。一般的な振動応答解析全般を網羅しており、また効率的に計算をする仕組みが備わっています。また、回転体の振動特有の作用を考慮したローターダイナミクスの解析機能や解析モデルの作成や精度向上をサポートする機能も搭載されています。

導入前の課題

  • 製品の試作段階で振動関連の検証が行われ、仕様や規格を満たせず、手戻りが発生する
  • 複雑な振動現象に対して、問題発生の原因および解決ができない

導入効果

  • 製品の上流設計段階から振動応答解析を行うことで、手戻りなく製品開発が行えます
  • 振動問題に対して振動応答解析による分析を行うことで、発生要因や対策方法を明らかにできます

Simcenter 3D Response Dynamicsの主な導入業界

  • 自動車

  • 航空宇宙

  • 電機

  • インフラ

特長

NXのCAD機能との連携した解析モデルの作成が可能であり、形状変更や簡易モデル化に対応

モーダル法・直接積分法いずれの解法にも対応しており、回転体のローターダイナミクスの解析にも対応

Simcenter 3Dのマルチフィジックス連携の活用により、振動の入力として流体や機構といった異なる解析領域の結果を活用でき、振動解析の結果を用いて疲労耐久の評価も可能

Dynamic Response(振動応答)

一通りの振動応答解析をすべて網羅しており、いずれについても直接積分法とモード法の2つの解法に対応した解析機能を提供しています。近年は、振動嘔吐解析の計算の高速化が精力的に取り組まれており、従来よりも解析の計算負荷が大幅に低減されています。

  • 固有値解析
  • 複素固有値解析
  • 周波数応答解析
  • 過渡応答解析
  • ランダム応答解析
平板の固有値解析と周波数応答の解析例
画像提供:シーメンス株式会社

Rotor Dynamics(ローターダイナミクス)

回転体の振動特有の遠心力、不釣り合い、ジャイロ効果などを考慮したローターダイナミクスの解析ができます。スーパーエレメントによるモデル縮退を行うことで、計算負荷を大きく低減することができます。

  • 固有値解析
  • 複素固有値解析
  • 周波数応答解析
  • 過渡応答解析
  • マヌーバー解析
  • 非線形ベアリングのモデル化に対応
  • アンバランス荷重のモデル化に対応
  • ずれを考慮した解析機能を搭載
タービンのローターダイナミクスの解析例
画像提供:シーメンス株式会社

導入までは3ステップ

  1. ヒアリング

    お客様のご要望を基に最適ソフトウェアを選定致します。

  2. ご提案

    課題解決しうる製品を提案させて頂き、ご導入までのフローをお話させて頂きます。

  3. ベンチマーク・トライアル

    実際に製品をご体感頂き、使用感や解析結果のご確認のお手伝いをさせて頂きます。

よくあるご質問

  1. Simcenter 3D Response Dynamics(振動解析)の販売形態は?

    ライセンス販売とサブスクリプション販売があります。また、VBL(トークン制)に対応しています。

  2. 導入するために必要な前提プロダクトはあるの?

    Simcenter 3D Engineering Desktop/Simcenter 3D Structuresのいずれかが必要になります。プロダクトによっては追加の前提プロダクトが必要な場合あります。

  3. ISIDでベンチマーク評価を引き受けてくれるのか?

    お客様のモデル規模にもよりますが、比較的規模の小さいものであれば弊社で引き受けさせて頂き、モデル、解析規模の大きいものは別途すり合わせさせて頂ければと思いますので、お気軽にご相談ください。

関連のセミナー・イベント

Simcenter 3D Response Dynamics 振動応答解析について

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ