scFLOW 非構造格子系 熱流体解析ソフトウェア

scFLOW 非構造格子系 熱流体解析ソフトウェア

高速かつ安定した高性能のソルバーと、高品位メッシュ生成が容易なポリヘドラル自動メッシャーを採用した熱流体解析ソフトウェア

scFLOWは、最新鋭の技術を取り入れた新世代のCFDソフトウェアです。
最大で従来の3倍(同社製品比)の計算スピードと安定性を有した高性能のソルバーと、複雑なモデル構築と高品位メッシュ生成が容易な、新しいプリプロセッサーの機能が提供されています。

導入前の課題

  • 製品の小型化、軽量化等による筐体形状の変更やレイアウト変更における熱、流れの検討が難しい。
  • 形状を厳密にメッシングしたいが、メッシャーの制約で奇麗なメッシュが作成できない。

導入効果

  • 部品形状、材質、レイアウト変更による熱、流れの影響をスピーディかつ安定的に少ない手間で検討することができます。
  • 表面形状を的確に捉えるポリヘドラルメッシュにより奇麗なメッシュを作成できます。

scFLOWの主な導入業界

  • 自動車

  • 機械

  • 建築

  • 空調環境

  • 土木

  • 電気

  • 電子

特長

高度な解析機能を搭載

解析の安定性と計算精度の向上に有効なポリヘドラルメッシュを自動生成

CADオペレーションと同様な感覚で利用できる使い易いGUI

最新のマトリクスソルバーによる、定常計算の収束性向上と計算時間の短縮

解析結果の理解を助ける多彩な描画機能

高度な解析機能を豊富に搭載

scFLOWで実施可能な主要な解析タイプ

  • 要素移動(不連続接合、重合格子、複合要素移動)
  • 混相流(自由表面、粒子追跡、液膜、キャビテーション、凝固融解、相変化)
  • 圧縮性流体(圧縮、非圧縮)
  • 輻射(放射)、日射
  • 拡散
  • 流体構造連成、流体音響連成(MSC Nastran、Actran)

解析の安定性と計算精度の向上に有効なポリヘドラルメッシュを自動生成

ポリヘドラルメッシュ

scFLOWは、解析の安定性と計算精度の向上に有効なポリヘドラルメッシュ(任意多面体メッシュ)を採用しています。
目標要素数に従った要素の作成や流れの変化が激しくなるような壁面付近の要素を自動で細かくすることができます。また、各部品や領域ごとに粗密の指定もできる自動メッシャーです。

シンプルで使いやすいプリ機能

GUIイメージ

GUIは一般的なCADオペレーションと同様の感覚で利用できます。
また、解析に必要な設定は、ナビゲーションウィンドウの上から順に必要な項目のみを設定いただくだけなので、初心者でも迷いにくい設計となっています。
メッシュ生成や解析実行前に、条件設定内容をプレビュー確認できるため、無駄な手戻りが発生しにくい環境となっています。

並列計算による高速な解析

コア数と解析速度

scFLOWでは多並列でも高い精度・並列効率での計算が可能となり、リソースを最大限発揮して解析を行うことができます。
グラフは3次元乱流の解析例における並列効率を示した図です。コア数が増えるに従いほぼ線形で計算時間が短縮されていることがわかります。
scFLOWでは、最新マトリクスソルバーによる計算アルゴリズムの最適化により、従来のソフトよりも定常計算における収束性の向上と1サイクルあたりの計算時間短縮が実現しています。また、ローカルタイムステップ法という、要素ごとに異なる適切な時間刻みを設定させる手法を取り入れることで従来よりも高速に収束させることが可能となりました。

解析結果の描画と後処理の機能

ポストプロセッサでは、解析結果の可視化や後処理を行います。

  • 流れの状態、圧力・温度の分布など、様々な物理量の状態の確認と評価
  • 等高線コンター、流線、ボリュームレンダリング、要素単位の変数表示、アニメーション、移動物体視点、グラフなどの豊富な表示機能
  • 可視化された結果の画像や動画を、標準フォーマットファイルに変換し保存
  • 頻繁に使用する機能や統計分析手順のカスタマイズ内容を、設定ダイアログに登録し、再利用

ご活用までのステップ

  1. ヒアリング

    お客様のご要望を基に、課題解決のための最適なソフトウェアを選定し、ご活用までのフローをご提案します。

  2. ベンチマーク・トライアル

    実際にソフトウェアをご体感頂く、もしくは弊社からソフトウェアのベンチマーク結果をお出しすることで、使用感や解析結果のご確認のお手伝いをさせて頂きます。

  3. ご導入後サポート及び活用支援

    製品ご導入後は弊社ホットラインのご利用に加え、実際にお客様内での課題やご要望の内容に応じて、技術支援やオンサイトサポートなど、フレキシブルにお客様のご要望に対応させていただきます。

よくあるご質問

  1. scFLOWの販売形態は?

    scFLOWはプロダクト別の販売と、MSC Oneによるトークン制ライセンスの販売の2種類の販売形式を用意しております。

  2. 自動化には対応していますか?

    VBインターフェースによる自動化処理が可能です。
    Excelのマクロ処理等で使用されるVBA、WSHで使用されるVBS、.NET Frameworkで使用されるVB.NETという3つの言語を前提としています。
    マニュアルや例題も多数揃えており、サンプルとしても利用可能です。

  3. 構造解析や音響解析との連成解析は可能ですか?

    MSC製品のMSC Nastran(構造解析)、Actran(音響解析)との連成がscFLOWのGUI上から簡単に実行できます。

関連のセミナー・イベント

関連リンク

ソリューション

評価/検証

用途

分析・解析

パートナー

MSC Software

scFLOW 非構造格子系 熱流体解析ソフトウェアについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ