CATIA Magic SysMLに準拠した記述方法でシステムの情報を整理・構造化するMBSEツール

CATIA Magic SysMLに準拠した記述方法でシステムの情報を整理・構造化するMBSEツール

整理・構造化した情報を様々なダイアグラムやマトリックスでわかりやすく提示

近年、製品システムの複雑性はさらに増してきており、システムの仕様や振る舞い、システム間の関係性などを文書だけで表現することは困難になってきています。
SysMLに準拠したMBSEのためのツール、CATIA Magicは、このようなシステムの仕様や関係性の表現に適したツールです。CATIA Magicを使うことで製品開発の上流から下流までの様々な情報を整理・構造化して一元管理することができ、設計下流での手戻りを削減できます。製品開発下流でのCAEの情報構造整理にも活用できます。

導入前の課題

開発対象システムの仕様や関係性が整理・管理できていないため、関係者間で意思疎通が図れない。

導入効果

情報を構造化して一元管理し、必要情報を適切に抽出して関係者に展開できるため、関係者間での意思疎通が容易となります。

開発対象システムの情報整理・管理、用途に沿った情報の抽出にCATIA Magicは有効です。

CATIA Magicの主な導入業界

  • 自動車

  • 航空宇宙

複雑なシステム構成となる製品の開発に、CATIA Magicは大きく貢献しています。

特長

システムズエンジニアリングのための言語、SysMLに準拠

多様なダイアグラムやマトリックスで、情報を的確に抽出、表現

Magic Gridに沿って分かりやすく情報を整理・構造化

将来的にDassault Systèmes製品群との連携を予定

長年にわたり世界中で使用されてきている高機能な標準ツール

SysMLに準拠した情報整理・構造化のための標準ツール

CATIA Magicのダイアグラムと、適用イメージ

CATIA MagicはSysMLに準拠した、情報整理・構造化のための標準ツールです。世界中の多くの企業で使用され、対象システムの情報整理・構造化を通じてシステムの開発を支援してきています。

CATIA Magicには多様なダイアグラムやマトリックスが用意されており、これらを活用して整理・構造化した情報を抽出し、分かりやすく担当者に提示することができます。

CATIA Magicを活用することで情報の整理・一元管理ができ、担当者間での認識の齟齬の防止、情報のトレーサビリティの確保などができます。


Magic Gridに沿って分かりやすく情報を整理・構造化

Magic Grid

MagicGridは情報整理・構造化のためのフレームワークです。CATIA MagicにはMagicGridのテンプレートが用意されており、このテンプレートに沿って情報をまとめていくことで、自然と情報を整理・構造化することができます。
MagicGridを使うことで以下のメリットがあります。

  • モデル化のプロセスが明確に定義される。
  • 上位階層から下位階層にわたって、作るべきモデルが明確になる。
  • 階層間の関係管理のためのルールが与えられる。

CAEの情報構造整理にも活用

モデルの素性が分からない、モデルが個人持ちになっている、といった理由から、CAEのモデルは再利用されることが少ないのが現状です。CAEはモデルや解析結果だけでなく、モデルの付帯情報や作成意図・ノウハウまで含めて保存することが重要であり、そのような用途でもCATIA Magicは活用できます。

CAEの問題
CAEの情報構造整理とは?

CATIA Magicで扱う多様なダイアグラムとマトリックス

CATIA Magicのダイアグラムやマトリックスをご紹介します。

関連のセミナー・イベント

関連リンク

ソリューション

構想設計・システムズエンジニアリング

用途

開発・設計

パートナー

Dassault Systèmes

CATIA Magic SysMLに準拠した記述方法でシステムの情報を整理・構造化するMBSEツールについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ