Dymola Modelica言語に準拠した、機能・ライブラリが豊富な高機能1D CAEツール

Dymola Modelica言語に準拠した、機能・ライブラリが豊富な高機能1D CAEツール

豊富なライブラリと強力なソルバーで大規模な複合システム性能を検討

製品・システムの複雑化に伴い、形状作成前に性能のあたり付を行う1D CAEへのニーズは増えてきています。DymolaはModelica言語に準拠した豊富なライブラリを持つ高機能な1D CAEツールです。
強力なソルバーにより車両走行解析等の大規模解析に活用でき、FMI/FMUにより複数ツール間の連成にも活用できまます。Dymolaは自動車・航空宇宙をはじめ多くの分野で利用されており、開発の上流領域で活用することで、手戻り・不具合の削減に貢献できます。

導入前の課題

  • 製品開発において3D形状に落とし込むまでに性能評価ができない
  • 性能評価が構造、熱、流体、制御など多岐に渡り、手戻り検討が多い

導入効果

  • 詳細な形状不要で、高速計算による性能評価が可能です
  • 複数分野を一つのツールで扱うことで、構想検討段階で総合的な評価が図れます

Dymolaの主な導入業界

  • 自動車

  • 航空宇宙

  • ロボット工学

特長

複雑な大規模解析を可能にする豊富なライブラリと強力なソルバー

システムのモデリングに適したモデリング言語、Modelicaへ準拠

製品挙動を確認するためのポスト機能

Functional Mock-Up Interface (FMI)による連成シミュレーション

複雑な大規模解析を可能にする豊富なライブラリと強力なソルバー

Dymolaの自動車関連ライブラリ

Dymolaには用途に合わせた様々なライブラリが準備されています。ライブラリ内に用意された様々なテンプレートモデルを活用することで、ユーザーは1からモデルを組み上げる必要なく、複雑なモデルによる解析評価が可能となります。
またDymolaの強力なソルバーは、多くの自由度を持つ複雑なモデルについても安定して高速な解析を可能にします。
※ライブラリは、Dymola本体と別に購入が必要です。


システムのモデリングに適したモデリング言語、"Modelica"へ準拠

Modelica言語

Dymolaは複雑なシステムのモデリングに適したマルチドメイン・モデリング言語、"Modelica"に準拠しています。ユーザーはModelica言語を追記・修正することで、複合領域のモデリングや各種ブロックの作成・カスタマイズ、モデルの修正等を容易に行うことができます。


製品挙動を確認するためのポスト機能

Dymolaのポスト処理機能

Dymolaには豊富なポスト機能も用意されています。ユーザーは3Dアニメーションで製品全体の挙動を確認しながら、グラフ上で評価特性の時刻歴変化を確認することもできます。多様なビューとグラフ機能を併用することで、製品の挙動・性能を多面的に評価できます。


Functional Mock-Up Interface (FMI)による連成シミュレーション

Functional Mock-Up Interface (FMI)イメージ

FMIは様々なツール間を接続するための標準仕様です。FMIを使用することで、様々なツールとの連成解析、評価が可能となります。DymolaはFMIに完全に準拠しており、FMIを通じて様々なツールとの連携・接続が可能です。

関連のセミナー・イベント

関連リンク

ソリューション

構想設計・システムズエンジニアリング

用途

開発・設計

パートナー

Dassault Systèmes

Dymola Modelica言語に準拠した、機能・ライブラリが豊富な高機能1D CAEツールについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ