REFLEKT ONE   ARコンテンツ作成ソリューション

REFLEKT ONE ARコンテンツ作成ソリューション

3DCADモデルのARコンテンツ作成ソリューション

REFLEKT ONE は、3D CADデータを取り込み、ARモデル表示を含む作業手順やマニュアルなどのコンテンツを、簡単に作成することができます。実物を認識させてARモデルを重ね合わせ表示するコンテンツの作成やアニメーション付与が、ノンプログラミングで実装できます。主要市販3次元CADや中間ファイル形式のデータに対応し、幅広い分野に適用できます。作成したコンテンツは、PC、スマートフォン、タブレット、スマートグラスまで、マルチデバイスで再生利用できます。

導入前の課題

  • 製造・検査で設計図面通りに実物が製作されているかなどミス、モレの確認に時間がかかる
  • 言語の異なる外国人技術者への作業指示で時間がかかる。上手に伝わらない
  • 技術力の低い技術者への熟練技術者のノウハウ継承に時間がかかる

導入効果

  • 実物と重ね合わせ表示のマニュアルを用いて操作手順と操作位置を確実に理解し、作業ミスを防止
  • エキスパートの知見を組み入れたコンテンツでノウハウを共有し、未経験者ハンズオン教育に活用し、専門家でなくとも正しい操作を可能に
  • 大型機械のパーツが正しく設計通りに製造されているかの検品や、建築物が正しく建築されているかの位置合わせなど、実物とARの重ね合わせで、検査工程の作業を効率化

REFLEKT ONEは、3DCADデータを準備するだけで設計段階のDRにおける円滑なコミュニケーションの実現と紙の作業手順書の撤廃に寄与します。

主な機能

ARコンテンツ作成機能

  • 既存の3DCADモデルを用いて、プログラミングをせずにアニメーション付きのARコンテンツを誰でも作成可能
  • 平面、マーカー、画像、3Dでの物体認識の4つのAR表示方法で、シーンに合わせた幅広いコンテンツの作成が可能

ARコンテンツ表示機能

  • 作成したARコンテンツは、実物に簡単に重ねて表示することが可能
  • ARコンテンツでのデジタル手順書は最新の情報を随時UPDATEでき、マニュアルの見間違え、古い情報での誤認識を防ぐことが可能

特長

2Dマニュアル、3Dモデル連携、3Dアニメーション組込み、実物をARを重ね合わせ表示を行うコンテンツをノンプログラミングで作成

主要な市販3次元CADのデータを取り込み、幅広い用途に対応

PC、スマートフォン、タブレット、スマートグラスまで、マルチデバイスでの表示が可能

REFLEKT ONE がサポートするCADデータ形式

  • ACIS
  • CATIA V4
  • CATIA V5
  • CATIA V6
  • SolidWorks
  • Creo - Pro/E
  • NX
  • JT
  • Parasolid
  • Solid Edge
  • Autodesk Inventor
  • AutoCAD
  • Autodesk 3DS
  • Autodesk DWF
  • Revit
  • 3D PDF
  • COLLADA
  • GL Transmission Format
  • IGES
  • Industry Foundation Classes
  • PRC
  • Rhino3D
  • STEP
  • Stereo Lithography
  • Unisveral 3D
  • VDA-FS
  • VRML
  • Wavefront OBJ

REFLEKT ONE がサポートするARコンテンツの表示デバイス

  • PC
      Windows10
  • スマーフォン/タブレット
      iOS9.1以降のiPhone/iPad
      Android7以降のスマホ/タブレット
  • スマートグラス
      Microsoft HoloLens2

自動車業界の適用事例

【事例1】配線・センサー位置をARで可視化

課題:修理トレーニングの際に、配線状態やセンサー位置を確認するためのパネル・ダッシュボード等を取り外すことに時間がかかっていた。

解決:車に対してARで配線・センサー位置が表示されるコンテンツを表示し、トレーニング時の取り外しが不要な状態とした。

【事例2】修理手順のARマニュアル

課題:整備士向けの修理手順書が見にくく、結果的にノウハウがある熟練者でないと対応できない車種やメンテナンスが増えている。

解決:難易度の高い9つのパターンに対してドキュメント・動画・ARで実物上に作業方法表示の3種を全て盛り込んだコンテンツを作成、整備士のスキルに依存しないマニュアルを作成した。

【事例3】ARを使った溶接打点の位置確認

課題:試作車の溶接打点の確認が全て手動計測で、4000打点を確認するのに数日を要する状態であった。

解決:ARでの目視確認により、計測が必要な対象を半分以下に削減した。

自動車業界以外の適用事例

【事例4】建築資材の完成品検査(資材メーカー)

ARモデルと実物を重ね合わせ、穴の数や取り付け位置確認など、建築資材の完成品検査を実施。

【事例5】製造工程検査(飛行機)

製造工程の処理の1つであるマスキング処理に対して、手動で計測して位置特定していた作業をARで目視対応可能に。

見出し【事例6】機器の配置可否の確認(産業機器)

ARを活用し、機器の配置確認を実施。
単なる3Dモデルではなく、アームなどの動作もAR表示することで、動作しても問題ない配置かどうかも確認できるように。

REFLEKT ONE ARコンテンツ作成ソリューション について

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ