3DxSUITE Editor

3DxSUITE Editor

3D CADデータの変換、問題箇所の検出と修正、形状簡略化など高度機能と高い操作性を備えたデスクトップアプリケーション

3Dデータ活用に必須の異機種CAD間のデータ変換、解析や設備設計のための形状最適化、試作や金型設計に欠かせないリバースエンジニアリングなどの機能を、統合されたデスクトップアプリケーションとしてご提供します。

機能

標準機能

3次元データ変換は、単純なフォーマットの変換ではありません。後工程で悪影響を与える形状エラーの有無を検証し、エラーがある場合は適切な処理を施します。
独自の検証項目と優れたエラー修正機能で、高品質なデータ変換を実現します。

形状簡略化機能

形状特徴(フィーチャー)を自動的に認識し、削除することができます。解析モデルの作成や金型設計向けのデータ最適化の用途で使用します。

外形抽出機能

アセンブリーモデルを1ソリッドとして抽出することができます。
また本機能を利用することによって、データの軽量化や設計履歴の削除など後工程のためのデータ加工や準備を簡易に行うことができます。

中立面機能

板状のソリッドモデルから解析用の中立面を自動生成します。
Editor の形状処理技術(データ変換、自動修正、形状簡略化)と組み合わせることにより、高度な中立面作成機能を実現できます。

リバースエンジニアリング機能

点群・ポリゴンからCAD データが自動的に作成することができます。
従来膨大な手間と時間がかかっていた実製品や金型からのモデル化や、そのモデルの解析業務への適用などを可能にします。

高い精度のデータ変換とヒーリングの技術

精度0.001mmレベルの高精度ヒーリング技術が組み込まれています。高精度CADの微小要素にも対応し、受け取り側の一般のCADでエラーとなる要素を作らないように隣接する曲面を適切に延長してすき間を埋めるなど、3Dデータ活用を考慮したあらゆるツールに通用するヒーリングを行うことができます。

高度な形状編集機能

3Dデータを活用し、解析用モデル作成や、金型型要に対応するモデル修正をする際には、事前の形状編集作業が必要です。これらの編集作業は、さまざまな種類のCADでの作成履歴(フィーチャー・ツリー)に頼らず、形状ベースで行うことが求められます。Editorの形状最適化処理は、3Dデータ活用の編集作業のために、すべて形状をベースとした高度な編集機能を提供しています。

CADベンダーとの技術協力体制

開発元のエリジオン社は、主要CADベンダーとの契約締結で技術協力体制を整えています。これにより、各種CADのデータ構造やAPIを熟知し、CADの最新バージョンも素早く対応しながら、品質の高い3Dデータ変換を提供することができます。

入出力オプション

各種市販CADのフォーマットおよび中間フォーマットに対応した、個別の入出力オプション製品が利用できます。

3DxSUITE Editorについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ