ウイルス汚染拡散を防止するシミュレーション

ウイルス汚染拡散を防止するシミュレーション

空気の流れをシミュレーションし汚染防止

ウイルス汚染拡散を事前にシミュレーション

ウイルス(COVID-19)への対策が人類全体にとって喫緊の課題です。 目に見えないウイルスの汚染拡散防止策をCAEの活用で事前検証が可能です。


ウイルス汚染拡散をCAEで予測し対策

イメージ

居室内の空気の流れや、工場内の空気の流れをCAEでシミュレーションし、把握できます。 この結果から、工場内のレイアウトを改善することにより、密閉空間での安心した作業を実現できます。また、工場内レイアウトシミュレーションと併用することにより、その変更したレイアウトでの工場見込みスループットの算出なども行えます。


武漢市の雷神山医院においてシミュレーションで汚染拡散防止

院内の空気分布概要をシミュレーションし、負圧である病室内のウィルスに汚染された空気を安全に排出する最適な方法を検討しました。外部に排出された物質が周辺環境に及ぼす影響をシミュレーションし、仮設病棟の設計や立地選定の際にも役立ちました。

関連のセミナー・イベント

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ