リモートでの設計・製造要件のすり合わせ

リモートでの設計・製造要件のすり合わせ

リモートワークでも製品仕様や機能変更に素早く対応

急な製品仕様や機能変更時に素早く対応できるために

製品仕様や機能変更時に、自宅などの遠隔地からでも、後工程などでの影響を早い段階で確認でき対策できることは、手戻りを防止し、製品化スケジュールへの影響を最小化する重要な対策の一つです。

ISIDは、製品仕様や機能変更時にリモートワーク下でも関係する複数部門で対策検討ができるよう、設計要件・製造要件を整理・可視化(見える化)し、必要な設計要素・製造要素と紐づけて管理することを提案しています。
製品仕様や機能の変更が、工程・設備等の後工程でどのように影響するのか。
業務プロセスへの影響を関係者間で早期に確認し、対策の検討を容易に素早く行うことが可能になります。

関連のセミナー・イベント

戦略企画・マーケティング ソリューションについて

お気軽にご質問・ご相談ください

  • ご質問、お見積、トライアルの
    ご相談はこちらから

    お問い合わせ