ユースケース  医療/歯科 診断3Dデーターの共有活用を促進

ユースケース  医療/歯科 診断3Dデーターの共有活用を促進

医療の現場では、診断結果や治療後の予測などの情報を、受診者にわかりやすく説明することが求められています。MRIの検査結果や歯の矯正シミュレーション結果などのデジタルデータを、PDF3Dを利用して容易に可視化できます。PC画面上の3Dモデルとして、回転、拡大縮小、透過などの表示操作を、誰もが簡単に行えます。