最先端の生産システムとITツールを融合し、高付加価値の「ものづくり」を実現

最先端の生産システムとITツールを融合し、高付加価値の「ものづくり」を実現

ジャパン・イーエム・ソリューションズ株式会社
ジャパン・イーエム・ソリューションズ株式会社

代表取締役社長 高橋 英明 氏

導入の目的

  • リアルタイムに「ものづくり」を分析し、問題予知と最適化。
  • 最先端ITツールでスマート工場を実現。

導入前の課題

  • 膨大な製造データの分析評価に時間がかかる。
  • 導き出した施策から、満足な改善効果が得られない。

JEMSでは、止まらない工場を実現するものづくりに必要な環境を、自前で開発しており、標準化や工場ラインの自動化は100%近く実現していました。
しかし、膨大な工場データの分析作業に多くの手間と時間を要する、苦労して導出した改善案も必ずしも満足な効果が得られないという問題が、工場の利益を圧迫する要因となっていました。工場データを活用した改善の遂行が喫緊の経営課題だったのです。

導入効果

  • 製品検査の誤報率を大幅に改善し、検査工数を劇的に短縮。
    検査精度が改善され、検査時間が短期し、不具合原因を特定する精度が向上しました。
  • 問題発生の変化点が明確になり、予兆保全を実現。
    装置の不具合発生に連動する特定の計測データの閾値が判明しました。関連する消耗品の交換時期を判断する変化点が明確になり、予兆保全の対応が可能になりました。
  • 不具合の多い作業者を把握し、的確な訓練指導を実施。
    不具合の多い事象と担当作業者との関係が明確になり、作業者の能力向上に向けた的確な訓練指導を実施することができるようになりました。

評価検証の支援をISIDから受けながらCALCを実践に適用した結果、従来はベテラン社員の推測に頼り確証を持てなかった不良発生の要因分析を、より早い段階で実施することができ、データに裏付けされた明瞭な因果関係の見える化が実現しました。工場データを価値ある知見へと変えることができる、効率的かつ有効なツールであることを確信し、CALC の本格的な導入を進めました。さらに、CALC活用に関わるメンバーのデータ蓄積・分類・分析といった重要なスキルが高まっていくことも、大きなメリットであると実感しています。

ジャパン・イーエム・ソリューションズ(略称JEMS)は、開発部門と製造部門を併せ持つ、日本で唯一スマートフォンを年間数百万台規模で製造している企業です。富士通が設立した富士通周辺機株式会社を発祥とし、現在は携帯情報端末やコンピュータ周辺装置の開発と製造を行っています。 JEMSは、大規模データ解析システムCALCを導入し、自動化された工場ラインの膨大なデータの活用による製造プロセスの改善に取組み、製造品質向上の成果に繋げています。
自社のスマートファクトリー構築のノウハウを「ものづくりソリューション」として提供する活動について、JEMS 代表取締役 高橋英明氏 の解説を紹介します。

目指す姿

リアルタイムに「ものづくり」を分析し、問題予知と最適化。
最先端ITツールでスマート工場を実現。

製造の問題予知と最適化の実現に向けて、既にデジタル化されているJEMSのものづくり工程をリアルタイムに分析し活用するための、AIなどの最先端ITツールの導入検討に着手しました。
製造現場のビッグデータをオンラインで取り込み、問題解決の施策を効率良く導きだす、スマート工場の実現を目指し、有効な施策の検討を進めていきました。

スマート工場 のあるべき姿 

導入ソリューション

因果分析AIツール CALC

JEMSは、ビッグデータから効果的な問題解決策を効率よく導きだす手段を模索している中で、AIで因果関係を明らかにするツール CALC の優れた機能に着目し、株式会社電通国際情報サービス(ISID) のサポートを受けながら、評価導入を実施しました。

CALC がAIで導出するデータの因果関係・特徴から、 複雑なデータ間の関係を人が理解し判断できる

音響試験の結果から、CALCを用いて問題発生の要因を分析し、製造品質向上を実現

今後の展望

今後、ますます工場ビッグデータ活用が重要になる中、JEMSはスマートファクトリー実現の重要な手段の一つとして、CALC 活用の加速が有効であると考えています。
今回のCALCの導入による誤報率の改善や予兆保全の実現のノウハウに加え、今後もISIDとのパートナーシップを継続し、5G・エッジAI活用を含めた最先端のスマートファクトリー構築に注力していきます。そして、蓄積されたノウハウを、「ものづくりソリューション」の高度技術に集約し、多くのお客様に提供するサービスとして展開していきます。

ジャパン・イーエム・ソリューションズ

  • 代表取締役社長:高橋 英明
  • 資本金:16億5,250万円
  • 従業員数:403名(2020年10月31日現在)
  • 本 社:兵庫県加東市佐保35番
会社名
ジャパン・イーエム・ソリューションズ株式会社
設立
2018年1月16日
事業内容

携帯情報端末、各種ディスプレイ装置、ユビキタス製品
およびPCBA関連等の設計・調達・製造・修理受託サービス

URL
https://www.j-em-s.com/
取材年月
2020.11